ディープチェンジクレアチン(DCC)とビルドマッスルhmbの違い比較と選び方

筋トレのサポートに大人気の筋肉増強サポートサプリメント。

そんなサプリメントの中でも話題を集めている知名度の高い商品が、ディープチェンジクレアチンとビルドマッスルHMBです。

2つのサプリメントはどちらもプロのアスリートやトレーナーが愛用していることで知られていますが、一体どのように違うのでしょうか。

今日は2つの商品の特徴をわかりやすくご紹介していきたいと思います。

まず最初にご紹介したいのが、リピート率にも定評のあるディープチェンジクレアチンです。

ディープチェンジクレアチンは独自の黄金比率により筋肉状況と燃焼サポートを行ってくれるため、細マッチョを作り上げるときに欠かせないサプリメントと言われています。

配合されている成分を見てみると、主成分として配合されているのは、クレアチン、HMB、BCAAといったトリプル成分です。

トップアスリートからも愛されている成分として大注目のクレアチンは、エネルギー効率や持続力アップのサポートに非常に役立ちます。

日ごろの食生活だけではなかなか必要な量を摂取することができないため、普段補うことのできない量をしっかりと配合しているのが特徴的です。

そしてクレアチンと相性抜群のHMBを黄金比率で配合することにより、筋肉の分解と回復をサポートしながら筋肉増強に役立てていきます。

そしてコンデションをサポートしてくれる成分として、バリン、ロイシン、イソロイシンの総称でもあるBCAAを配合しました。

他にも脂肪燃焼効果の高いブラックジンジャーやコレウスフォルスコリ。

そして体のさまざまな働きに関係している酵素なども含まれていることがわかりました。
ディープチェンジクレアチン(DCC)の口コミ評価レビュー!他の筋肉サプリとの違いは何?

続いてビルドマッスルHMBです。

このサプリメントは、2016年のモンドセレクションで銀賞を受賞しており、大注目のHMBを主成分にしたサプリメントの中でも、非常に知名度の高い商品となっています。

ロイシンの代謝物であるHMBをダイレクトに補給することができるため、プロテインと比較しても筋肉増強の近道となっているのが特徴的です。

1日に必要なHMBを摂取するには、60グラムものロイシンが必要となります。

60グラムのロイシンはプロテインに換算すると約20杯分とも言われており、ダイレクトにHMBを補給する方が効率の良いことがわかります。

実際にためされた方の実感力は90%近いため、ほとんどの方がトレーニングと同時に取り入れることにより、確かな結果につながっている信頼性が高いサプリメントです。
ビルドマッスルhmbは、女性にどんな効果?

2つのサプリメントの特徴を見ていただくと分かるように、力を入れている成分が異なります。

どちらがあなたの身体との相性が良いかは実際に試してみないとわからないため、公式サイトからお得に購入することができるキャンペーンを活用し、ぜひあなた自身の身体で体験してみて下さい。

r