HMBを飲むとガリガリな体でも筋肉はつくの?コツはある?

(HMBとは?)

聞き慣れない成分ですが、1996年にアメリカで筋肉トレーニングへの効果が発見、実証された成分です。

化学的には炭素が含まれている化合物(幾つかの原子が組み合わされている物質)です。

筆者の手元にある化学辞典では、HMBそのものは載っていないのですが、同種類の系列の物質ならば、見つけることはできました。

有機化学(炭素が含まれる物質の研究)の分野で定義されています。

HMBとは、βヒドロキシβメチルブチレート(beta-hydroxy-beta-methylbutyrate )の略です。

HMBは、必須アミノ酸であるロイシンの代謝産物で筋肉増強に役立つ成分です。

恐らく、多くの方がご存じない物質かもしれません。

現に筆者も、手元の専門家や化学教育者向けの化学辞典を調べるまで、この物質の存在を全く知りませんでした。

(体質によるコンプレックス)

HMB含有のサプリメントによって、体質を変えられる可能性があるのか、という問題は気になるところです。

実際のところ、細胞の核の中に含まれる遺伝情報を書き換えることは出来ません。

ですので、生まれ持った体質の傾向を、サプリメントによってそっくりそのまま変えてしまう、ということは実質不可能なのです。

しかし、痩せている体質であっても悲観することはないのです。

よりかっこいい容姿を獲得する為に出来ることはあるのです。

きっとこの記事をお読みの方も、その為の向上心がおありなのでしょう。

現在の容姿に満足していない、則ち現状維持に満足しない、という気持ちの持ち方は、サプリメントを使ってトレーニングをなさる時にも、気持ちを強く奮い立たせてくれる筈です。

決して諦めることはありませんし、その気持ちの表れでHMBという成分を知ることができた筈です。

自分から行動を起こした結果が、名前すらなかなか聞くことがないこの成分を知ることに至った経緯でしょう。

その気概は賞賛に値します。

(サプリメントに頼り過ぎるのは禁物?)

サプリメントを摂取したからには、その効果が最大限に発揮されるように、自分の環境も整えなければなりません。

例えば、ビタミンCは煙草を吸うと消費されてしまう、と言われます。

ビタミンCの効果を得たくてビタミン剤は飲むのに、煙草を吸い続けていたら、せっかく摂取したビタミンも、体の必要な箇所で威力を発揮する前に無くなってしまいます。

HMBの場合も同様でしょう。飲んだからにはその成分の効果が活きる環境を、自分から作らなければ、摂取した成分も無駄になり、サプリメント代も無駄になってしまいます。

中には、「そんな成分一つの為に、生活習慣を変える程暇じゃない。」と言われる方もいらっしゃるでしょう。
それは事実です。

現代の我々は時間管理も生活管理も、情報過多、激務の連続で、成分の効果を発揮させるには相応しくない環境に身を置かざるを得ない状況です。

ですが、行動することで得られるメリットが多いと考えられるからこそ、サプリメントを摂取するのです。

行動を変える余裕が現時点で無ければ、敢えて摂取しないほうがお財布に優しいですし、他の方法のほうが合っているかもしれませんね。

実際に効果を実証する為の実験では、成分の効果が最大限に発揮される環境を整え、被験者に実験を行います。
効果があるというデータは自分の行動を律したり、自分の身を置く環境の生活管理や時間管理を工夫したり、折り合いを付けて成分を摂った結果なのです。

成分の効果を最大限に発揮する目的に則った生活が、まず効果を得る為には何よりも大切です。

(HMBが作用するメカニズム)

HMBは、タンパク質の分解を抑制する働きがあるとして注目されています。

タンパク質の分解は、筋肉が減ってしまう原因です。

HMBがタンパク質の分解を制御することで、結果的には筋肉を減衰させないことに繋がっているのですね。

筋肉増量については、筆者が調べた限りでは訝しいところです。

筆者は科学実験に懐疑的な目をよく向けるのですが、HMB自体が筋肉を増やす材料にはなっていないような感じを受けます。

筋肉増量には、それに見合ったタンパク質が不可欠でしょう。

HMBはあくまでもサプリメント、補完する為の成分です。

筋肉増量物質、イコールHMBではない気がします。

あくまでも筋肉の分解を抑制する、食い止めるということが間接的に筋肉増強に繋がっていると言えるのではないでしょうか。

直接的に筋肉を増強させる為には、HMB以外の物質、とりわけ食事からのビタミンやタンパク質の摂取も不可欠でしょう。

両方の相互作用によって、筋肉量が確保されていくといえます。

(まとめ)

決してHMBは、痩せすぎの状態を今すぐ脱出して、筋肉が付いてしまうような魔法のサプリメントではないと言えます。

勿論サプリメントの効果も、容姿がかっこよく変わる為には重要な要素です。

タンパク質の分解を抑制するのですから、摂取したタンパク質を保持するのには、HMBの効果は欠かせません。

問題は、HMBだけに依存してしまうことです。

HMB以外の要素にもきちんと目を向け、タンパク質の摂取、トレーニング、休養を行うことで、筋肉増量に繋がるのではないでしょうか。

HMBの効果が最大限に発揮されるように、HMB以外の面、例えば、トレーニングプログラムや1日のタンパク質の摂取量、充分な休養時間を確保することが、大切になってくるかもしれません。

既に言い古されていることでしょうが、最も基本的なこれらの要素に目配りをし続けることが、かっこいい容姿を獲得するコツでしょう。

HMBだけで安心してしまうことは禁物、ということですね。

◆最後にHMBサプリもいろいろありますが中でも、特に高品質で筋力アップしやすい!と口コミ評価も高いのがDCH(ディープチェンジHMB)です。

プロティンより低カロリーなので減量中でも筋肉量もアップするので助かる!と人気です。

効率的に筋トレしてキレイな筋肉をつけたい時は、DCH(ディープチェンジHMB)を飲んでみてください。

男性だけでなく女子にも人気があります。
DCH(ディープチェンジHMB)の口コミ評価レビュー!他のhmbサプリと何が違う?

us