HMBとは?筋肉が付きやすくなる効果は本当?

( HMBとは?どんな効果があるの? )

一般的に、見知らぬアルファベットが並んだ成分というのは、とても危険で体に悪そうなイメージを持ってしまうものです。

HMBもまた然りで、「よく分からない新種の成分」というイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

しかしHMBは、筋トレ効果を期待できる、有益な成分なのです。

どのような効果かというと、筋肉を作るたんぱく質の分解を防ぐことで、筋肉が増えやすくなるというものです。

たんぱく質の分解は筋肉の減少に繋がり、せっかくのトレーニングで増強させ維持してきた筋肉を失ってしまうことがあるのです。

これは大問題です。

HMBの摂取によって筋肉の減少を防ぐ効果が期待出来るのならば、これは間違いなく朗報ですね。

(本当に効くの?)

ですが、こんなシンプルな働きで本当に効果を期待出来るのか疑問に感じる人は多い筈です。

実はその疑問は正しいのです。

勿論、現代の科学の水準は驚く程高く、何もかもが明らかにできると感じてしまうところです。

ですがそれでも、科学にはまだまだ分からないことも多く、断定して述べられないことも依然として沢山あるのが現状です。

また、データの捏造や改ざんの問題も、メディアで頻繁に騒がれています。

普通ならば、実験結果は信じるに値する正しいものだと感じるところですが、昨今はそうもいきません。

現に、現代でも信じられていて、功績が名高いニュートンやアインシュタインの理論でさえも、欠陥があると言う科学者もいる程なのです。

HMBの効果が訝しいと感じるのは、当然のことなのです。

ですが、HMBの効果は既に人での実験で認められてはいます。

しかし、決して「万人に効く」とは言えません。

実験で効果があったという被験者と、HMBをこれから試そうと思っているあなたは全く同じ人間ではありません。

当たり前のことですが、生活習慣、遺伝、既往歴などで差があります。

ですから、実験で効いた被験者と自分が同じように効くとは限らないのです。

個人差が大きいということですね。

また、よく科学ではマウスで実験をします(HMBでも、マウス実験の結果があります)。

勿論科学では、同じ哺乳類であるマウスの実験も説得力のある根拠となり得ます。

ですが、生育環境も遺伝子も殆ど変わらないマウスを無作為(客観性を確保するため)に2匹選んで、どちらのマウスが筋肉が減少していないか比べるのと、人間の実験は訳が違います。

人間とは決定的に違う点があるのです。

それは個性です。

個人個人にはマウスにはない個性があります。

私達人間の場合、その個性を活かしながら、HMBを摂取する生活習慣を確立するのです。

具体的に言うと、個性とは各人の性格やライフスタイル、現在の健康状態のことです。

これらの総体が「個性」だと定義します。

一人として同じ人はいません。

現在の体重や体脂肪率は勿論のこと、飽き性かどうか(モチベーションの維持)、1日でトレーニングに割ける時間はどれくらいかなど、千差万別です。

その中で、自身でトレーニング・プログラムを立案することが大切なこととなってくるでしょう。

HMBを効かせるためには自分自身の性格や今のライフスタイル、健康状態を把握した上で、更に実験の被験者が行ったプログラムを取り入れる必要があるでしょう。

被験者が実験中に行ったプログラムを真似ることが不可欠なのです。

ただHMBを摂取するだけでは、良い結果は見込めないということですね。

(HMBの実験で、被験者が行ったトレーニング・プログラムは?)

勿論、商品パッケージには1日当たりの摂取量や摂取方法が書かれてはいます。

ですが、どのような実験によって、こういった摂取量や摂取方法が導き出されたのかは、意外と知られていないものです。

勿論実験によって、最も効く量と飲み方のデータから、導き出されたものです。

この点は決して疑い得ないでしょう。

ですがトレーニングやプログラムの違いが、最も効くかどうかの分かれ目になってしまったら、どうでしょうか。

一般的に商品パッケージには、最も効果を発揮できるトレーニングや実践すべきプログラムがどのようなものなのかまで、言及されてはいません。

先述のように、個人差が大きいからですね。

だからこそ、実験中の被験者のトレーニング・プログラムについての情報が参考になるのです。

以下は私が調べたものの要約です。

例えば、減量に焦点を絞っている場合、または強度が今の自分にとってハイレベルなトレーニングの場合には、高い効果を発揮できるそうです。

また、期間については、幾つか実験(3週間、7週間、12週間)があるのですが、実験から見ると約1〜2ヶ月が効果を十分に発揮するまで要する時間だと言えます。

これらがトレーニング・プログラムを立案する時の目安となる筈です。

(まとめ)

筋肉が付きやすくなる効果は、個人個人が自分に合わせて、実験と似た環境を整えるということにかかっているでしょう。

自分の個性を理解した上で、HMBの摂取をすることが、何よりの成功への近道です。

この方法で、筋肉がつきやすくなる効果を実感出来るのではないでしょうか。

尚、既往症がある方はまず、医師の助言を得てからHMBを摂取して、トレーニングを始めて下さい。

既往症のせい(例えばアレルギーなど)で普段の食生活に制限がある場合には、特に注意して下さい。

◆なおhmbサプリの中でも、特に高品質で筋力アップしやすい!と口コミ評価も高いのがDCH(ディープチェンジHMB)です。

プロティンより低カロリーなので減量中でも筋肉量もアップするので助かる!と人気です。

効率的に筋トレしてキレイな筋肉をつけたい時は、DCH(ディープチェンジHMB)を飲んでみてください。

男性だけでなく女子にも人気がありますよ。
DCH(ディープチェンジHMB)の口コミ評価レビュー!他のhmbサプリと何が違う?

us