筋トレ時に豆乳が良いって本当?効果的な飲み方は?

あなたはどんな筋トレ方法をしていますか?

どんなに筋トレしていても、プラスで何かを摂取しないと効果が薄いのはご存じですよね。

筋肉に必要なのはたんぱく質を取ることです。

それに効果的なのが豆乳だと言われ、筋トレ時に豆乳を飲む方は少なくありません。

ではなぜ、筋トレに豆乳が必要なのでしょうか?

—-筋トレにの時に飲む豆乳の効果とは?—-

1.豆乳には、必要のないカロリーを抑えたんぱく質を摂取できる。

たんぱく質で有名なのが魚や米、卵ですが、これらにはカロリーも多く含まれています。

しかし、豆乳はカロリーを抑え、効率的にたんぱく質を摂取できる役割があります。

2.豆乳は消化吸収に優れている飲みモノ。

筋トレ後に牛乳やプロテインを飲んでいる方はかなり多いと思います。

しかし、日本人の身体の性質上、牛乳はとくに消化、吸収しにくいのです。

ですから、たんぱく質を効率よく吸収したいのなら豆乳がおススメになります。

3.豆乳のたんぱく質は筋肉に必要な必須アミノ酸を含んでいる。

必須アミノ酸は筋肉を付きやすくするものですが、人間の身体が自力で作る事はできません。

しかし、豆乳には必須アミノ酸を豊富に含んでいるので、筋トレ時の豆乳は欠かせないものになります。

どうですか?

以上が筋トレ時に飲む豆乳との相性の良さなのですが、ではもし、豆乳とプロテインを同時に飲んだらどうなのか?と今考えませんでしたか?

しかし、今の時代プロテインは古いです。

豆乳と一緒に飲むなら「DCH(ディープチェンジHMB)」がおススメです!

—-次世代の筋トレサプリメント「DCH(ディープチェンジHMB)」とは?—-

筋力アップに必要なのはプロテインでは?

と思ったあなた、少し違います。

先ほど、筋肉に必要なのは「たんぱく質」「アミノ酸」とお伝えしましたが、アミノ酸の中で筋力アップに欠かせない成分が「ロイシン」というものです。

そして「HMB」という物質が欠かせません。

整理すると「HMB」とはロイシンから出来る「代謝物質」です。

アミノ酸の中のロイシンから出来る代謝物質が「HMB」ということです。

—-1日プロテイン20杯飲まなければ筋肉に欠かせない「HMB」が摂取出来ない—-

1日にプロテイン20杯はさすがに飲めません。

しかし、そうしなければ筋肉に必要なHMBは摂取できません。

だったら「HMBそのもの」をサプリメントとして摂取すればいいのではないか?

そうです、「DCH(ディープチェンジHMB)」とは筋肉にダイレクトに届けられるサプリメントなのです!

どうですか?

プロテイン20杯を飲んでようやく効果が発揮されるならば、1日たった8粒で済む「DCH(ディープチェンジHMB)」を飲んだ方が効率的かつ効果的だと思いませんか?

筋トレ+豆乳+DCH(ディープチェンジHMB)で理想の筋肉を!

男性だけでなく女子にも人気がありますよ。
DCH(ディープチェンジHMB)の口コミ評価レビュー!他のhmbサプリと何が違う?

us