中年の出っ張ったお腹も筋トレで改善する?

中年の方、出っ張ったお腹が気になって筋トレを始めたという経験はありませんか?

筋トレをすれば、出っ張ったお腹も引き締まり、若い頃のような体に戻れることを期待して始めてはみたものの、中年でも効果があるのか不安に思われているという方、いると思います。

もちろん中年でも、筋トレを行えば十分な効果は期待できます。

しかし方法が問題になります。

そこで、中年の出っ張ったお腹の原因と、効果的な引き締め法を紹介します。

中年の方の出っ張ったお腹、それは内臓脂肪と皮下脂肪の両方により生み出されています。

どちらかだけなら問題ないのか?というわけではなく、もちろん内臓脂肪だけとか皮下脂肪だけなら問題ないというわけではありません。

しかし内臓脂肪に加えて、皮下脂肪もついていると、食事制限をするだけでは効果があまり期待できません。

出っ張ったお腹の改善には、まず内臓脂肪を消費することが大切です。

内臓脂肪を減らすと、皮下脂肪も消費しやすくなりますよ。

それに、内臓脂肪を消費することは健康にもつながります。

では、実際の方法です。

中年の出っ張ったお腹の原因である「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の両方に働きかけるダイエット法を紹介します。

1つ目は、まず内臓脂肪を消費するための方法です。

筋トレを始める前に、効果を上げるために、内臓脂肪を減らしておくことが大切です。

内臓脂肪を減らしてから筋トレを行うと、皮下脂肪の消費につながり出っ張ったお腹の解消につながりやすくなります。

お勧めは、8時間以内ダイエットです。

1日の食事を8時間以外におさめるというシンプルな方法です。

例えば朝8時に朝食を摂ったら夕方4時までに夕飯まで済ませ、その他の時間は水やお茶以外のものを食べたり飲んだりしてはいけません。

無理な食事制限はしなくて良いので、体への負担も少なく精神的にもストレスがたまりにくいと思います。

2つ目は、スロー筋トレです。

ここから筋トレを開始します。

しかしお勧めはスロー筋トレです。

やり方ですが、腹筋やスクワットですが、例えば普通腹筋1回2秒かかるとしたら、20秒かけてやるというように、1つの動作をゆっくり時間をかけて行います。

筋肉に力を入れている時間を長くすることが、中年の方が効果の倍増する方法なのです。

いかかでしょうか。

なんとなくできそうな気がしませんか。

しかし、取り組んでいたけれど、あまり効果を実感できなかったという方にビルドマッスルhmbをお勧めします。

高品質で筋力アップしやすいと評価が高いサプリメントです。

筋トレもビルドマッスルhmbの摂取も、どちらも継続することが大切です。

u